設立趣意書

■名称

  本会は正式名称を「日本DNSオペレーターズグループ(英文名称: DNS
  Operators' Group, Japan)」とし、略称を「DNSOPS.JP」とします。

■設立趣意

  ドメインネームシステム(DNS)のオペレーションを通して社会基盤としての
  インターネットの安定運用に寄与することを目的とし、「日本DNSオペレー
  ターズグループ(DNSOPS.JP)」を設立します。

  本会は、DNSのオペレーションに関し、参加者間の情報交換、共有、議論の
  場の提供、円滑な運用のための情報公開、および国内外における関係各組織
  との連携等を行います。

■設立背景

  DNSは、インターネットにおける重要な基盤技術の一つであり、円滑なイン
  ターネットの利用のためには、安定運用が必須です。昨今のADSL・FTTHの普
  及や、携帯電話・PHS等のモバイル機器によるインターネット利用環境の多
  様化等によりわが国におけるインターネットの利用は急速に拡大しており、
  それに伴いDNSの重要性はますます高くなっています。

  また、DNSは、各家庭や企業等に設置されているPCやブロードバンドルータ
  から、ISPやインターネットレジストリが管理運用する大規模なDNSサーバに
  至るまで、多種多様な要素により構成されています。

  そのため、DNS全体の安定運用を実現するためには、実際のDNSサーバのオペ
  レータ間における連携のみならず、ネットワークのオペレータ、各種ネット
  ワーク機器の開発者、DNSに関する研究者・専門家・識者等を含んだ、横断
  的かつ全体的な連携が必要となり、これを行う場の設立が望まれています。

						2006年6月7日
						発起人代表 石田 慶樹

■発起人

石田 慶樹       KDDI (発起人代表)
大島 治彦       NTTコミュニケーションズ
加藤 朗         WIDE Project/東京大学
工藤 真吾       日本テレコム
近藤 邦昭       JANOG
下川 俊彦       九州産業大学/QGPOP
前村 昌紀       JPNIC
松崎 吉伸       IIJ
森 拓也         住商情報システム
森下 泰宏       JPRS
(50音順)